固定電話の加入権がなくなると教えてくれる電話がかかってきた

IP電話ひかり電話などのインターネット回線を利用した電話を使用して、NTTの固定電話を使わずにいると、その固定電話の加入権が消滅しますよ、という電話が「カスタマーサービス」だか「カスタマーデスク」という感じの会社名(のようなもの)を名乗る男性から、今日の昼過ぎにかかってきました。

すごくガヤガヤしたところから電話をかけているようで、たぶんたくさんの人が同じ所にいてそれぞれにこういう電話をかけているんでしょう、おまけにその男性がボソボソ話すのでその人の名前や会社名もよく聞き取れませんでした。

カスタマーなんとかという、いかにもどこかの会社に属する部署のような雰囲気の横文字をあちらが名乗ったのはなんとか聞き取れたので、じゃあどこの会社のカスタマーのための部署の人なのだろうか…どこかに属するのならそう自ら名乗るのだろうけどそれは無いし、どこかに属するのではなく独立した会社や団体なのだろうか…などと一瞬考えましたが、とにかくこの電話はとてもとても怪しい!というのはすぐわかりました。

そして、もしIP電話などをお使いでしたら…と最初に書いた加入権のことを言われたので、「じゃあこちらで確認してみます」と言って一方的に電話を切りました。

 

その後、NTT西日本に電話ですぐに問い合わせると、ひかり電話に加入している私の家の固定電話の加入権は、NTT西日本の方で預かってもらっていて、使わず放置しておいても権利は消滅しないとのことでした。

以前は確かに、ある一定の期間使わないと権利がなくなってしまうことがあったそうですが、その場合はなくなる前にNTT西日本が対象者にお知らせをされていたようです。どこの誰かいまいちわからない人がいきなり電話をかけてきて権利が消滅しますよと告げる、なんてことはなかったはず、と思われます。大事なことだから文書で送付ですよね、きっと。

 

というわけで、今日の電話は何かの勧誘とか詐欺とかそういった系統のものだと思われます。

少しネットで検索すると全く同じ電話がかかってきてる人が最近ちらほらいるようです。

皆さんもお気をつけください。